ボールペンのインクに空気が入って出ない時の対処法!【復活】

スポンサーリンク

ボールペンのインクに空気がはいちゃって書けない!っていう経験ありませんか?

インクがまだあるのに書けないってのは捨てるのも悔しいし何とももどかしいですよね。

そこで、今回はボールペンのインクに空気が入って出ない時の復活方法を紹介します!!

 

ボールペンを確認する

そもそも本当に空気が入っているのかを確認します!

一見、空気が入ってしまったかのように見えますが、よく見てもらうとわかるように表面にインク色のパッケージがプリントされているだけです!

分解前に外見から確認して空気のせいで書けなくなった!と思い込んでいたら、実は本当にインクが切れていたということも十分にあり得ます

 

どうして書けなくなったのかをしっかりと確認しましょう!!

後で、空気以外の要因で書けなくなった場合のボールペンの復活方法も紹介します

 

ボールペンを復活させる方法

空気を抜く方法

下に参考動画を載せてますので、説明みるのめんどくせ!て方はそちらを参照してください。

 

空気を抜く方法はいたってシンプルです、遠心力の力で空気を押し戻してあげればよいのです!

ただ、ちょっとやそっと振るだけではなかなか空気が抜けないので工夫が必要です!

 

具体的に2つ紹介します!

①輪ゴムで回転させる

輪ゴムにペンを通し、中心でテープで止めて指がきつくなるまで巻きます。その後、力を緩めてペンを回転させます

②ひもで振り回す

ペン先の反対側にひもや糸などを結びガンガン振りましょう!(ひもがちぎれたりとれたりして飛んでいったら危険なのでしっかりと結び目をテープ等で固定した方がいいです)

他にも、扇風機、電動ドリル、自転車の車輪に取り付けて回転させるなどありますが、一番は輪ゴムなくてもできる②をおすすめします。

お手軽で安全ですしね。

スポンサーリンク

空気が入ってないのに書けない場合

・ボールペンの先端を綺麗にする

ボールに小さなホコリや汚れがついてうまくボールが回らなくなっている事があるので、ティッシュなどでふき取ってあげると書けるようになることが多いです

・ボールペンの先端を温める

先端部分のインクが乾燥してしまって固まっていることがあるので、ライターなどで温めて先端だけを温めてあげるといいでしょう。当然直接炙るとペン自体が壊れてしまうことがあるので、適度な距離感を見計らって慎重に作業してください。

Amazonプライム会員のメリット簡単まとめ

2017.06.12

空気が入るのを予防する

ボールペンはインクにかかる重力でボールにインクが供給されかけるようになります。したがって、ノートを縦に持って書いたり、マジックボードなど水平なものにボールペンを利用するとインクがさかさまになって空気の層が出来てしまうんです。

出来る限り上向きにボールペンを使用するのはやめましょう!

 

この記事のまとめ

・遠心力で空気を抜く

・ボールペンを長持ちさせるコツは、ペン先を綺麗に保ち乾燥させないこと!上向きに使用しないこと!

 

関連記事

要注意!100均で買ってはいけないものリスト…化粧水,ボールペン,爪切りetc…

くっつかない吸盤や粘着テープ(シール)を完全に復活させる方法!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

21歳学生。趣味はDTMと旅行。雨が好きです。 日々の生活の中で気になったことや興味のあるもの、役立ちそうな情報など発信していこうと考えてます。