【保存版】iPhoneが水没したときの対処法【スマホ水没】

スポンサーリンク
この記事を閲覧している方は、おそらくスマホをトイレや料理、お風呂などで水没させたのでしょう。
最近であれば雨で濡らしてしまったとか…
はじめに結論を言うと、

 

どれだけ早く応急処置ができるかですべてが決まります。

 

たとえ、現在電源をつけて問題なく使えていてもです
(水没後に電源をつけてはいけないのですが、この記事を見てる方はすでにつけてしまってる方が大半だと思いますので・・)

 

また、水没させた液体が真水かそうでないかでも大きく復旧率は異なります。

真水の場合

➡応急処置だけで復旧し問題なく使えるようになる可能性はあります。

海水やジュースなど真水以外の場合

➡内部洗浄が必須のため個人で復活させるのはほぼ不可能、また仮に復旧した場合でもザビや内部の汚れにより後々不具合が発生することが多いです。

 

かくいう僕も以前にスマホを料理中に鍋に水没させたことがあり、
最初のうちは画面タッチ効くし大丈夫かな?と思ていたんですが、中に入った水はガンのようにみるみるとスマホから体力を奪っていき、画面タッチが一切効かなくなりました(泣)

 

 真水以外の液体で水没させた場合はデータは諦めた方がいいでしょう!
しかし、「どうしてもデータを!」という人は今すぐに

 

非正規の修理屋さんに持っていきましょう!

 

あとで説明しますがApple正規代理店では水没修理は本体交換必須のため、データはバックアップを取っていない限り失われます。
非正規の修理屋さんは、本体交換ではなく部品ごとの修理を施してもらえるためデータを残せる可能性があります。

 

しかし、これも時間との勝負です

 

後に解説する応急処置には時間がかかり、特に真水以外に落とした場合は復旧できる見込みも少ないため、データを優先したいのなら割り切って急いで修理屋に持っていくのが賢明です。

スマホが水没時にやってはいけないこと

・電源はいれない、充電しない

電源を入れると、内部の水でショートするおそれがあります(僕はすぐに電源付けて死にました)

・スマホを振らない

 スマホを振っても無意味です。逆に水分を全体に浸透させる結果になります。(僕はガンガン振りました)

・ドライヤーで乾かさない

 精密機械を高温にする行為は、この場合に限らず御法度です、絶対にやめてください!
焦る気持ちは分かりますが、以下順を追って応急処置を説明します。ただし、何度も言うように真水以外に水没させた人は諦めて修理に持ってった方が復旧確率はあがります。
スポンサーリンク

スマホ水没時の応急処置の手順

STEP1 SIMカードを取り出す

キャリアの下でスマホを使用するさいに必要なもの、サビやすいので早めに水分をふき取りティッシュにくるんでおきましょう。

 

購入時に付属してきた、純正の取り出し用器具で

ここに

差し込んで強く押すと取り出せます。

 

また、

クリップや針金、ギターの弦などを変形させても代用できます!

STEP2 イヤホン端子、Dockコネクタの水分を吸い取る

実はiPhoneやiPodは水濡れ水没はApple製品1 年限定保証や AppleCare Protection Plan (APP) の対象にならないのです。

 

そこで、iPhone内部には水没したかどうかを判別する「液体浸入インジケータ」が内蔵されています。

 

液体侵入インジケータに水分を吸収すると赤く反応し、水没認定を食らいます(リトマス紙のようなものと考えてください)

 

位置はヘッドフォン端子とDockコネクタに設置してあります。iPhoneが液体侵入を検知するとここが赤くなり、液体が侵入したとみなされて保証の対象外となります。

 

もし、復旧できず修理に持っていく際に水没認定されるかされないかは大きく値段にかかわってきます。

 

また、取り方としてはティッシュをこより状にして水分を吸いとるのが有効です。

 

液体インジケーターの機種ごとの位置です。

STEP3ひたすら乾燥させる

よく言われるのがジップロック等に乾燥材をいれて、放置するとよいと言われています。

乾燥材はお米でも代用できます。

 

時間の目安は3日~1週間です

 

長いですが、我慢しましょう!

 

重度でない限りこの手順でやればグンと復旧率は上がります!

水没時の連絡手段

応急処置をほどこすにしても、その乾燥期間使えないので連絡手段を別に確保しておくことは重要です。
メールの利用は少ないかもしれないので

 

PC版twitterとPC版LINEを導入することをオススメします。

ただし、PC版LINEは、すでにスマホ等でLINEアカウントをお持ちの方で同じアカウントをPC上で使う場合、本人認証をスマホで行う必要があるため画面があります。電源を入れること自体がスマホに悪影響なので、もう遅いかもしれませんね。

その点を考慮すると、本人認証もなく、リスクが伴わないPC版twitterがいいかと思われます。
PCから使用している人は多くないのですが、PCからでもスマホで使っていた自分のアカウントに簡単にログインできます
スポンサーリンク

修理の方法

応急処置をしてもダメだった場合、修理するしかありません。

 

修理してもらえるところは主に

 

・Appleの正規代理店

・個人の修理屋

 

のふたつです

 

簡単にサービスの特徴を説明します

 

Appleの正規代理店で修理

・本体交換必須なのでデータは戻らない

バックアップとっていれば後に移行できます

・水没認定されれば保証は一切効かない➡ 修理費が倍以上になる。

画面にヒビなど過失のある本体の傷の有無によっても値段が変わります。

料金は

・正規なので安心できる。

丁寧かつ迅速な対応で、1時間ほどで終わります。

 

料金は

・Apple care+に加入でかつ過失のある損傷や水没認定されなかった場合

2回まで7800円で修理してもらえます。

 

・Apple care+に加入で過失のある損傷

iPhone5~iPhone7:7,800~1,1800円(税別)ほど

 

・保証外(水没認定)

iPhone5~iPhone7:31,800~39,800(税別)ほど

 

随時更新されますので詳しくはAppleの公式サポートサイトでご確認ください

・自分がApple care+に加入しているか確認する

・修理費の料金表を確認する

非正規の修理屋さんに持っていく

・データが戻る!
100%とは言えませんがちゃんと修理できさえすればデータはそのままです。

 

・修理費用はケースバイケース
Appleより安くつくこともあれば高くつくこともある、大抵安くつくらしい。
(部品ごとに修理費が決まっているのがほとんどで、店によって料金設定も違うので何とも言えないところ)

 

僕が持って行ったところはすごく良心的で、本体の状況確認を無料で調べてもらい、金額を出したうえでAppleで修理するのを進められました。(僕がやってはいけないことをとことん網羅してたからね…手遅れでした笑)

 

・もう二度とAppleのサポートを受けられなくなる
一度個人でバラしてしまうと、サポートから切られます。

 

非正規の修理屋はネットで
 iPhone  修理
と調べればいくつか出てきます。

この記事のまとめ

●真水に水没させたら素早く応急処置!
●真水以外はほぼ絶望的
●保証に入っているなら応急処置後に正規Appleへ
●バックアップもないけどデータをどうしても残したいなら非正規の修理屋へ
冒頭にも言いましたが、素早い対応ができるかどうかがスマホ復活のカギとなります
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

21歳学生。趣味はDTMと旅行。雨が好きです。 日々の生活の中で気になったことや興味のあるもの、役立ちそうな情報など発信していこうと考えてます。